ふうか風鈴だより
*
ホーム > 健康・医療 > 頭が真っ白になってしまう

頭が真っ白になってしまう

講演やプレゼンテーションなど、人前でスピーチをするシーンになるとあがって身震いしてしまう!!こんな具合いを、「頭が真っ白になってしまう」と描きだすことがありますね。この言葉、あがり症の人には、少々取違えられやすい言葉なのです。これは、おつむの転回が悪くなって、何も考えられなくなる。だから身震いして上手く話せなくなる。ということではありません。実際は、頭のターンが速くなり過ぎてパニックを起こしてしまっている。このように思いえがく方が良いでしょう。

人前で緊張状態であがってしまう時に心臓はどのようになっていますか?やけに素早く拍動しているはずです。息吹きは浅くなり、脈は上がり、体は震えている!!これは人間の心身の状態を牛耳るする神経系、つまり脳が多忙過ぎて、内分泌系のホルモンの分泌にも危険な影響を与えている状態です。

あがり症の人は、この状況を頭脳の回転スビートが落ちていると想像してしまうので、さらに頭脳を回転させようと余計なことをと考えてしまいます。そうなればただでさえパニックを起こして回転しすぎている脳ミソの状態に、より一層のプレッシャーを掛けてることりなり、真柏はさらにスピードアップし、体はぶるぶると震え出す緊張の悪循環に嵌ってしまうのです。


関連記事

疲れてしまう理由は、代謝能力に支障が起きるから
多くの人々の健康への強い気持ちがあって、昨今の健康ブームが起こって、月刊誌やTV...
頭が真っ白になってしまう
講演やプレゼンテーションなど、人前でスピーチをするシーンになるとあがって身震いし...